トップページ >  > 商品の写真はどうすればよい?

商品の写真はどうすればよい?

商品写真

ネットショップで購入する時に「商品を実際に手に取ることが出来ない」という不安を抱える方は多いでしょう。 この不安を払拭して購入してもらうには「これ欲しい!」と思わせる写真でアピールする事が欠かせません。

消費者が購入を決断するまでのプロセスとしては2パターンがあります。
①仕様・価格などの商品情報→商品画像・・・本や家電など内容や機能重視のもの
②画像→仕様・価格などの商品情報・・・ファッションやインテリアなどデザイン重視のもの
このように、デザインを重視するものなどは「商品画像」の時点で購入するか否かを判断する事が多いので、特に「写真アピール」が重要になってきます。

では実際、アピールできる写真をどのように用意すればいいでしょうか?

・撮った写真を加工処理する
有料ソフトのAdobe Photoshop Elementsや無料ソフトのGIMP2(ギンプ2)などを使って画像処理が行えます。
写真のトリミング(切り取り)、レベル補正、鮮度補正、コントラスト補正、サイズ変更、ゴミ取り、グラデーションや影をつける などなど...。
しかしこれらを使いこなせるようになるには手間と時間がかかるかもしれません...。

・プロに撮影してもらう
撮影料は1枚数百円から数千円とかなりばらつきがあります。商品を郵送する方法や、カメラマンに交通費を支払って来てもらうなど方法もまちまち。 全商品を依頼するとかなりの金額になってしまいますので販売する商品数が少なかったり、どうしても写真でアピールしたい商品があればそれだけをプロに依頼して撮影してもらうという方法もありますよね。
ショッピングカートASPサービス会社でオプションや代行サービスを行っているところもあります。

・加工やプロに頼らず自分のデジタルカメラでキレイに撮る
結論からいってこれで充分でしょう^^ プロ並みに撮ろうと肩肘張らなくても大丈夫です。そもそもプロと同じレベルを目指したら何年もの歳月と、何十万、いや何百万円もの費用が必要になるでしょう。

最近のデジタルカメラは1,000万画素を超えるものがほとんで、これだけの画素数があればネットショップに掲載する写真の撮影には充分です。
これからデジタルカメラを購入する人は次の機能が搭載されているかだけチェックしましょう。

  • マクロ機能・・・商品のアップをとる時にキレイにとれます
  • 光学ズーム・・・ズームしても画像が荒くなりません
  • 露出補正機能・・・写真の明るさを補正します

写真を撮るときは背景に他のものが移りこまないようにしつつ、蛍光灯などで光を当てて撮りましょう。 ショッピングカートASPサービス会社によって数は違いますが、だいたい1つの商品に3枚から5枚の写真を登録できますのでいろいろな角度から撮ったり、誰でも知っている食品などと並べて撮れば色やサイズの参考にもなりますよね。 写真屋さんやネットで撮影時に商品の下に敷く「写真用背景シート」が数百円~数千円で売られてますのでそれを利用してもいいかもしれません。

もうちょっと本格的に撮りたい方には「撮影キット」などもオススメです。これはダンボール箱くらいのサイズのかわいい小型スタジオで、そのスタジオの中に商品を置いて撮影するというものです。価格も1万円以下のものもたくさんあってお手頃です。「ブツ撮りキット」や「デジカメ用撮影セット」などで検索するとたくさんでてきますよ。

【関連ページ】売れる商品写真の撮り方


ショッピングカートに関する素朴な疑問に回答!

ネットショップの開業届けは?
HTMLの知識って必要?
独自ドメインは必須?
ホームページビルダーでお店作れる?
ブログとショップの連携って具体的には?
メタタグの書き方教えて!
カートの仕組みはどうなってるの?
販売許可が必要な商品ってある?
どんな商品が売れているの?
商品の写真はどうすればいい?
購買率を上げるには?
お客さんは来てくれるのかな?
ディスク容量はどれくらいあればいい?
スマホ・モバイル版ショップは必要?

目的別ランキング!

カート付きショップ
サイトが自分で作れなくても、プロが作ったようなネットショップがたちあげられます。
カートのみ設置
買い物カゴだけをレンタルして設置するショッピングカート。タグを貼り付けるだけ。
初心者さんにやさしい
ネットショップは初めて、HTMLなんてわからないという初心者さん向き。
ショップサーブ
決済システムまで全部ひっくるめての月額料金なので、クレジットなどを取り入れるなら一番安くできます。
カラーミーショップ
気軽にお店を開きたい人に。決済システムを導入する場合はけっこうお金がかかってくるので注意。
e-shopsカート2
ホームページビルダーと連携している買い物カゴ。ビルダーでショップを自作する人に。カゴだけ設置も可能です。
ネットショップで購入する時に「商品を実際に手に取ることが出来ない」という不安を抱える方は多いでしょ...