トップページ >  タイプ別ランキング >  ショッピングモール出店

ショッピングモール出店ランキング

あの有名ショッピングモールに自分のショップを出店できる!

国内ショッピングモールの流通総額は実に5兆円を優に超えていて、今後この勢いが収まる気配もナシ。モールにテナントとして出店すると実店舗と同じようにモール会社が販促をしてくれ、モール内の集客力は抜群。モールのテナントとしての信用を得る事も出来ます。しかし、顧客データ所有権はモール側、ショップデザインや運営方法に制限があるので個々のショップとしてのアピールがしづらい、月々のコストが高いなどのデメリットもあります。

テナントとして出店する!ショッピングモールトップ3

楽天市場
結果が出る環境で圧倒的シェア
国内シェアは断トツトップの30% 会員数も流通額も右肩上がり進行中。月額19,500円~+システム利用料3%前後。4つのプラン。サポートはECコンサルタント、電話、楽天大学。1ケ月で店舗オープン可能。
Yahoo!ショッピング
検索サイト、ヤフオクからも集客
国内シェア3位。ヤフオクからの集客が見込める。月額25,000円~+売上手数料3%前後。3コース。費用は毎月後払いで負担が少ない。ヤフオク出店とのセット割引もあり。
DeNAショッピング
4つのサイトへの同時出店可能
旧ビッダーズ。入会金60,000円 月額16,500円~+売上手数料6%など。2コース。スマホ通販に力を入れている。Yahoo!ショッピング、mixiモールなどへの同時出店可能。

ショッピングモールのメリット・デメリットをチェックしましょう

テナント出店するショッピングモールを選ぶポイント

 月額費用や売上手数料、オプション費用などで月にいくらかかる?
 最低契約期間や費用支払いスパンはどれくらい?
 モール全体の集客数や会員数はどれくらい?運営の自由度は?
他にも決済手数料やアフィリエイトパートナー報酬、ポイント原資負担金などで月々の費用は高額になります。よく検討から契約しましょう。

ショッピングモールにはとにかく沢山の人が集まります。その人達をいかに自分のショップに呼び込むかがカギ。中でも1位の楽天市場は日本一巨大な通販サイト。プランは初心者からメガショップまでショップに応じて選べます。出店する人の半分以上がネットショップ初心者なのでテナント料と商品の準備が整えば^^誰でも出店できます。

目的別ランキング!

カート付きショップ
サイトが自分で作れなくても、プロが作ったようなネットショップがたちあげられます。
カートのみ設置
買い物カゴだけをレンタルして設置するショッピングカート。タグを貼り付けるだけ。
初心者さんにやさしい
ネットショップは初めて、HTMLなんてわからないという初心者さん向き。
ショップサーブ
決済システムまで全部ひっくるめての月額料金なので、クレジットなどを取り入れるなら一番安くできます。
カラーミーショップ
気軽にお店を開きたい人に。決済システムを導入する場合はけっこうお金がかかってくるので注意。
e-shopsカート2
ホームページビルダーと連携している買い物カゴ。ビルダーでショップを自作する人に。カゴだけ設置も可能です。
ネットショップが軌道に乗ってきたら、ショッピングモールに出店して集客を増やすのもひとつの方法です。ただ、いきなり個人の方がショッピングモール出店は費用がかなりかかるのであまりおすすめはできません。リアル店舗があって、そこから拡販に利用するのも良いですよね。