トップページ >  コンテンツ一覧 >  決済方法について

決済方法について

ネットショップで直接お客様とお金のやりとりすることはできませんよね。 そこで必要となるのが決済手段。これは細かいものを入れたら数十種類もあるんです。 それら全部を導入して管理するのは大変ですので最低限導入しておきたい決済方法を6つ紹介します。これだけ揃えておけば、購入者が決済まで進んだ段階で自分の求めている決済方法がなかったことによるカゴ落ち(ショッピングカートに商品を入れたまま、買わずに去ってしまう)心配もありません。

①クレジットカード決済
ネットショップの決済の実に7割を占めている決済方法。
ショップ側としては代金の未回収の心配がなく、購入者側としては銀行などへの支払いに出向く手間が省けたり、クレジットカード自体のポイントが溜まったりと両者にとって有難い決済方法です。

②コンビニ決済
クレジットカード決済に次いで利用されている方法。
コンビニの活用度が高い購入者にとって便利なサービス。ネットショップで購入時に発行される番号で前払いする「番号端末式」と商品到着時に同封された払込票で後払いする「払い込み式」があり、「番号端末式」は男性に、「払い込み式」は女性に人気がある決済方法です。

③銀行振り込み
最近ではネット上で簡単に振り込めるようになっため、人気上昇中の決済方法。
銀行によって高い手数料を取られてしまうので、主要な銀行口座を複数開設しておくと購入者に喜ばれます。

④郵便振替
発送商品に郵便振替用紙を同封し、購入者に支払ってもらう方法。
振込み確認に3~4日かかるのがネックだか、根強い人気がある決済方法。

⑤代金引換
配達員が商品を配達した時に購入者から料金を回収し、その回収金をネットショップが指定した口座に振り込んでもらう方法。代引き手数料と振込み手数料がかかる。

⑥電子決済
楽天Edyやsuicaなどの電子マネーで支払う方法。
オンライン上で手軽に決済ができるため、徐々に利用者数が増えている。特に若い世代に人気の決済方法。

■手数料が発生します
決済方法を導入する際に忘れてはならない事が「手数料」。
どの方法でもなにかしらの手数料が発生します。例えばクレジットカード決済ならショップ側に売上金の5%前後の手数料がかかります。
銀行振り込みや郵便振替、代金引換などは購入者側に手数料が発生します。それらをショップ側が負担しているところもありますが、あまりサービスしすぎて経営を圧迫しないように気をつけましょう。

■決済導入方法
・銀行振り込み、郵便振替
 →口座を開設すればOK。会計処理が複雑にならないように、ショップ専用の口座を作りましょう。
・代金引換
 →郵便局の場合は商品を持ち込むだけなので事前に行うことはありません。
  宅配業者の場合は事前契約が必要になります。
・クレジット決済、コンビニ決済、電子決済など
 →これらの契約をそれぞれの決済会社で個人で申請しすることも出来ますが、審査が通るか不安があります。また、審査が通ったとしてそれぞれに初期費用や固定費などの費用の支払い手続きをしなくてはならないなど、何かと面倒なものです。
この面倒な手続きを代行してくれる専門の決済代行会社があり、この会社に自分が使いたい決済方法をまとめて代行してもらう方法が今では一般的です。代行会社はいくつもありますがASPサービスで提携している代行会社がそれぞれあるのでそこで申し込むといいでしょう。
例えばショップサーブだったらEストアー、カラーミーショップだったらイプシロンやペイジェントなどです。Eストアーはショップサーブの自社代行会社で、12種類もの決済方法を初期費用も固定費も無料で代行してくれます。
一般的にショッピングカートをレンタルしてネットショップを運営していく場合のコストとして大きな割合を占めるのがカートの月額費用と決済関係の固定費。ショップサーブの場合はこの決済関係の固定費がかからないので月にかかるコストを抑えることができます。

目的別ランキング!

カート付きショップ
サイトが自分で作れなくても、プロが作ったようなネットショップがたちあげられます。
カートのみ設置
買い物カゴだけをレンタルして設置するショッピングカート。タグを貼り付けるだけ。
初心者さんにやさしい
ネットショップは初めて、HTMLなんてわからないという初心者さん向き。
ショップサーブ
決済システムまで全部ひっくるめての月額料金なので、クレジットなどを取り入れるなら一番安くできます。
カラーミーショップ
気軽にお店を開きたい人に。決済システムを導入する場合はけっこうお金がかかってくるので注意。
e-shopsカート2
ホームページビルダーと連携している買い物カゴ。ビルダーでショップを自作する人に。カゴだけ設置も可能です。
ネットショップ運営に欠かせない決済方法。ぜひとも取り入れておきたい決済方法について説明します。