トップページ >  > ネットショップの開業届けはどうすれば良い?

ネットショップの開業届けはどうすれば良い?

開業届け

■開業届(正式名:個人事業の開業・廃業等届出書)とは?
ネットショップなども含め個人事業を始める時に、国や自治体へ事業の開始を知らせる手続きとして開業後1ヶ月に以内に納税地を所轄する税務署に提出する書類のことです。

■開業届の出し方
所定の申請書(税務署でもらえます。又は国税庁のホームページからダウンロード出来ます。
必要事項を記入し、所轄の税務署に直接持っていくか郵送します。

■開業届を出さないとどうなるの?
特に罰せられる事もなく事業は行えますが、年間の所得が20万円を超える場合は確定申告が必要となります。
その時にあわせて開業届を提出する事になります。
このときに開業届を提出しなくても申告は通りますが、売上げや所得がある一定の水準を超えると税務署から提出するように言われます。
事業用の口座を作る時には受付印のある開業届のコピーを銀行に提出しなくてはなりません。
プライベートの口座を事業に使っても問題ないですが、経理処理が複雑になってしまうので、できれば事業用の口座は作った方がいいと思います。
また、開業届が提出されていないと青色申告の申請ができません。

実害はないけれども本来は出すものなので「けじめ」を付ける為にも「気合い」を入れる為にも開業届は事業開始時に提出しましょう!

サラリーマンが副業で開業する場合は?

■サラリーマンなどが副業で開業する場合
ネットショップの売上げなどの副業による収入は「雑所得」に区分されます。
副業でも年間20万円の所得を超えたら確定申告をしなくててはなりません。つまり開業届も提出する事になります。
税務署 最近ではネット関係の副業で収入を得ている人が急増していますので税務署や国税局はあらゆる手段を使ってネット副業者の情報を集めています。
もしも確定申告をせず、それが税務署などに知れると会社に調査が入ってしまう事もあります。
他にも住民税の額が副業分と合算されて大きくなるので会社の総務担当がここで気付く場合もあるようです。
気持ちよくネットショップを進めるためにも会社には副業を始める事を事前に伝え、年間取得が20万円を超えたらしっかり確定申告をしましょう!
ちなみに会社で副業を認められていても知られたくない場合は、確定申告をする時に副業の住民税の納付方法を「普通徴収」にチェックを入れると会社に副業分の住民税が合算されず、知られないで済みます。

・確定申告とは?
年間の所得が20万円を超える場合に自己申告し、これによって次年度の所得税や住民税の金額が決まります。

・青色申告とは?
帳簿を提出する事によって最大65万円の青色申告特別控除など、税制上の特典を受けられます。申告用紙が青色なのでこう呼ばれています。

ネットショップを開いたからすぐに開業届けをださないと!っていうわけではないですが、 本気でやっていくなら早めに届けを出しておいたほうがあとあとのことを考えると得策かもしれません。

ショッピングカートに関する素朴な疑問に回答!

ネットショップの開業届けは?
HTMLの知識って必要?
独自ドメインは必須?
ホームページビルダーでお店作れる?
ブログとショップの連携って具体的には?
メタタグの書き方教えて!
カートの仕組みはどうなってるの?
販売許可が必要な商品ってある?
どんな商品が売れているの?
商品の写真はどうすればいい?
購買率を上げるには?
お客さんは来てくれるのかな?
ディスク容量はどれくらいあればいい?
スマホ・モバイル版ショップは必要?

目的別ランキング!

カート付きショップ
サイトが自分で作れなくても、プロが作ったようなネットショップがたちあげられます。
カートのみ設置
買い物カゴだけをレンタルして設置するショッピングカート。タグを貼り付けるだけ。
初心者さんにやさしい
ネットショップは初めて、HTMLなんてわからないという初心者さん向き。
ショップサーブ
決済システムまで全部ひっくるめての月額料金なので、クレジットなどを取り入れるなら一番安くできます。
カラーミーショップ
気軽にお店を開きたい人に。決済システムを導入する場合はけっこうお金がかかってくるので注意。
e-shopsカート2
ホームページビルダーと連携している買い物カゴ。ビルダーでショップを自作する人に。カゴだけ設置も可能です。
■開業届(正式名:個人事業の開業・廃業等届出書)とは? ネットショップなども含め個人事業を始める時...