トップページ >  コンテンツ一覧 >  実店舗との融合のメリット

実店舗との融合のメリット

実店舗をもちながら、ネットショップも連携させるお店はここ2,3年で急増しています。
2つを連携させることの相乗効果でショップ全体の売り上げがアップしていくからです。
それはいったいどのような事なのでしょうか?

■商品に関して
・実店舗では限られたスペースに置かれた商品しかお客様の目にとまりませんが、ネットショップなら倉庫に眠っている商品も紹介でき、売れる可能性があります。ネットショップでの売れ筋商品を知ることで実店舗での商品陳列にも役立ちます。
・在庫の有無の確認をネットで調べることも出来るようになるので実店舗への問い合わせへの対応時間が大幅にカットされます。

ASPサービスのMakeShopではハンディPOSを使って商品のバーコードを読み取り、実店舗とネットショップの在庫を連動させるサービスを開始しています。これにより双方の在庫数が一元管理でき、在庫管理にかかる作業負担が軽減されるようになりました。商品数が多いショップにはあると便利なサービスです。

■集客に関して
・ネットショップで欲しい商品を見つけたものの、ネットショップで買うのは不安、苦手というお客様が実店舗に足を運ぶこともよくあります。
・逆に実店舗のお得意様が 自分のホームページやブログ、SNSなどで「オススメショップ」「今日はこのお店で○○を買いました」などと、ショップのURLのリンクを貼って紹介してくれ、そこから新規顧客が増えることもあります。

・今現在実店舗をお持ちの方でネットショップの運営を考えている方は、実店舗に来られるお客様に ネットショップを始める予定がある事を伝え、メールアドレスを教えてもらっておきましょう。
後日ネットショップをオープンした際に、ショップのURLとともに「ネットショップをオープンしました」という案内をするよりもメールマガジンなどで誘導する方が圧倒的に反応がいいものなんです。
・また、一度実店舗で商品を購入してくれた方であれば、同じような商品を取り扱っているネットショップにも興味を示してくれる可能性が高いのです。

■スマートフォンの普及
実店舗とネットショップを連携させ、売り上げがアップしていく背景としてスマートフォンの普及も大きく影響しています。実店舗への来店時にスマホに搭載されているFeliCaやバーコードなどを使ってポイント付与や会員登録が簡単にでき、 それらをネットショップと統合させれば顧客管理もラクですし、顧客側もポイントを相互で利用できるからなんです。

このように実店舗とネットショップを融合させることでたくさんのメリットが生まれます。
既に実店舗をお持ちの方は在庫や顧客情報などの基盤が出来ていて、一から始める人よりやりやすいと思いますのでネットショップにも挑戦してみてはいかがですか?

目的別ランキング!

カート付きショップ
サイトが自分で作れなくても、プロが作ったようなネットショップがたちあげられます。
カートのみ設置
買い物カゴだけをレンタルして設置するショッピングカート。タグを貼り付けるだけ。
初心者さんにやさしい
ネットショップは初めて、HTMLなんてわからないという初心者さん向き。
ショップサーブ
決済システムまで全部ひっくるめての月額料金なので、クレジットなどを取り入れるなら一番安くできます。
カラーミーショップ
気軽にお店を開きたい人に。決済システムを導入する場合はけっこうお金がかかってくるので注意。
e-shopsカート2
ホームページビルダーと連携している買い物カゴ。ビルダーでショップを自作する人に。カゴだけ設置も可能です。
実店舗とネットショップを連携させると相乗効果で売り上げアップにつながります。ここではその理由について説明します。