トップページ >  > HTMLの知識は必要?

HTMLの知識は必要?

HTMLの知識

インターネットに存在するサイトは「XHTML」や「HTML」というマークアップ言語で書かれています。

「HTML?なにそれ?」という人も多いでしょう。でもブログやtwitter、facebookなどは普通に扱えますよね。
それはタグを意識することなくできるようにインターフェースが整えられているからです。

では、ネットショップをもちたい!となった時にこれらの知識は必要なのか?についてです。 管理人が考えるには、知らないよりは知っていたほうが良いけど、知らなくてもできる。これが結論です。 ブログと同じと考えていただいてかまわないかと思います。

HTMLを勉強しないとネットショップができないか?と聞かれれば、そんなことはありません。 むしろ、ショップを運営していくのに必要なのは売る商品に対しての勉強のほうが大切だと考えます。 パソコンをやることが本来の仕事ではないのですから・・

ネットショップは簡単に開ける!

今はショッピングカートASPを利用すれば、誰でもネットショップは簡単に開けます。

テンプレートがあらかじめ用意されていて、気に入ったデザインを選ぶだけで、ショッピングカート付きのきれいなショップがオープンできます。

もちろん、商品の写真や説明文は必要ですが、 HTMLを直接いじるわけではなく、管理画面から操作するだけなのでこの操作を覚えるほうが重要だと思います。

HTMLの知識が必要になるのは、お店を自分でカスタマイズしてデザインをいじりたい場合だけです。

ですがショッピングカートASPはネットショップのノウハウをたくさん持っています。 ネットショップはお客さんが買い物しやすく、商品がわかりやすい導線が大切。 それらがきちんと計算され組み込まれたテンプレートが用意されているので、 よっぽどのことがない限りは、逆にいじらないほうがい良いかもしれません。

ショッピングカート業者も顧客獲得に必死なので、大切な顧客(=ネットショップのオーナー)には利益を上げてもらわなければなりません。そうしないと途中で他の業者に乗り換えられてしまう可能性もあるからです。

このような競争の中で、お店の「顔」となるテンプレートは重要な位置を占めているはずです。 HTMLがわかる人のほうが圧倒的に少ないのですから・・

ということで、HTMLの勉強は必須ではないと思います。 それよりも、仕入れや商品の勉強、売上分析などに時間をかけたほうが利益につながるのではないでしょうか。

レンタルネットショップをタイプ別で選ぶ!

カート付きショップ

カートだけ借りる

初心者さんに優しい

目的別ランキング!

カート付きショップ
サイトが自分で作れなくても、プロが作ったようなネットショップがたちあげられます。
カートのみ設置
買い物カゴだけをレンタルして設置するショッピングカート。タグを貼り付けるだけ。
初心者さんにやさしい
ネットショップは初めて、HTMLなんてわからないという初心者さん向き。
ショップサーブ
決済システムまで全部ひっくるめての月額料金なので、クレジットなどを取り入れるなら一番安くできます。
カラーミーショップ
気軽にお店を開きたい人に。決済システムを導入する場合はけっこうお金がかかってくるので注意。
e-shopsカート2
ホームページビルダーと連携している買い物カゴ。ビルダーでショップを自作する人に。カゴだけ設置も可能です。
インターネットに存在するサイトは「XHTML」や「HTML」というマークアップ言語で書かれています...